MENU

デリケートな敏感肌でも米肌を使用することが可能?

季節の移り変わりや、ちょっとした体調の変化、精神的ストレスにも影響される敏感肌の化粧品選びは慎重にしなくてはなりません。
デリケートなお肌でも安心して使える米肌とは、どんな基礎化粧品でしょうか?

 

低刺激の米肌でやさしくケア

 

敏感肌は細菌や有害物質、アレルゲンの侵入を防ぐバリア機能が極端に低下し外的刺激に弱くなっている状態です。
汗をかいたり髪の毛がふれたりしただけでもヒリヒリしたり痒みがでる、日光にあたるだけで赤みや湿疹になるなどの過敏反応が起こります。
なかなか自分に合った基礎化粧品が見つけられないといった悩みは尽きませんが、まったくケアしないわけにもいきません。

 

手を伸ばしがちなのは天然や自然由来とうたわれる化粧品ではないでしょうか?
原料が天然由来であったとしても抽出加工の段階で成分表示義務がない化学合成物質が使われている可能性があります。

 

無添加化粧品も敏感肌には刺激が少ないような気がしますが、何が無添加なのかすべて無添加なのかという点に注意が必要です。
米肌化粧品はすべてのシリーズが無着色、無香料、鉱物油不使用で低刺激処方、豊潤石鹸は合成界面活性剤を使用していませんから、敏感肌でも安心して使えます。

 

敏感肌はバリア機能が働かず肌はアルカリ性に傾くため悪玉菌が繁殖して肌トラビルを起こしやすくなります。
米肌は弱酸性ですので肌本来のペーパーを取り戻し、湿疹や吹き出物、ニキビなどのトラブルを防げます。

 

セラミドをうみだす米肌で積極ケア

 

バリア機能が低下する原因は、角質層細胞をラメラ構造で水分を保持するセラミドの不足です。
セラミドが不足すると角質細胞は委縮し、水分はどんどん蒸発し失われていきます。
セラミドを増やせば敏感肌を改善できるのですが、人の肌のセラミドは20歳をピークに年を追うごとに減少し、外部から補給するにはむつかしい問題があります。

 

ヒト型セラミドと呼ばれるバイオセラミドやさらに細かくしたナノセラミドの研究が進んでいますが、人の肌に存在するセラミドと近い構造を持つだけで同じではありません。
米肌に配合されるライスパワーNo,11は、自らセラミドを増やし肌水分保持能の改善に効能がしっかり認められている成分なんです。

 

ライスパワーNo.11は米肌シリーズ化粧品のすべてに配合されていますが、敏感肌の人に特におすすめは肌潤改善エッセンスです。
ライスパワーNo.11が高濃度で配合され、大豆製品などに含まれるレシチンと同様に細胞膜の主成分リン酸脂質の働きで角質の奥深くまで浸透します。

 

エモリエントゲルは注目されている高品質の保湿剤ですが、肌表面をなめらかに覆い美容成分を角質層に閉じ込め、水分の蒸発を防ぐバリア機能をはたします。

 

米肌は肌思いの低刺激処方だから安心して毎日のお手入れに使えます。
さらに敏感肌と密接な関係にあるセラミド増やし、お肌の改善が期待できます。