MENU

米肌を使えば毛穴の開きを防いでいちご鼻を改善できる

毛穴の開きや黒ずみ、そしていちご鼻はメークアップでは隠しきれませんし、鼻は顔の中央にあるのでどうしても目立ってしまいます。
米肌の正しい毛穴ケアで、清潔感あふれる女子を目指しましょう。

 

毛穴ケアには肌潤石鹸のモチモチ泡洗顔

 

毛穴の開きや黒ずみが気になると、ついつい洗顔する時にこすり過ぎてしまいがちです。
黒ずみの正体は毛穴に詰まった角栓で、さらに酸化が進むと黒い点々が散りばめられたようないちご鼻になります。
角栓は皮脂と古い角質が固まったものなので、いくらゴシゴシ洗っても取り除けません。

 

毛穴ケアは洗い過ぎやこすり過ぎなど肌に負担をかける洗顔方法はさけなくてはいけません。
米肌の肌潤石鹸を使ったきめ細やかな泡で優しく包み込むように洗いましょう。
肌潤石鹸の泡は弾力があるので洗顔時に指が肌にふれる刺激をさけられ、ほこりや化学物質などの汚れ、古い角質や余分な皮脂など不要なものだけしっかり落とせます。

 

洗顔時の刺激は肌表面の角質を厚くして黒ずみを目立たせ、洗い過ぎによる乾燥は毛穴周りのハリが失われタルミ毛穴を作ります。
皮脂の落とし過ぎると肌は失った皮脂を補うために過剰に分泌され、新たな角栓を作る悪循環をまねきます。
肌潤石鹸は保湿成分もたっぷりと配合されているので洗顔後の乾燥を防ぎ、皮脂の過剰生産を抑えます。

 

毛穴を引き締める米肌のたっぷりの水分保湿

 

肌を乾燥から守るのが毛穴対策の大きな一歩ですから、洗顔後は充分な保湿力のある米肌でお手入れしましょう。
米肌には80パーセントの肌水分を保つセラミドを増やすライスパワーNo.11が配合されています。
セラミドが増えれば水分保持能は大幅にアップするので、毛穴対策に朗報です。

 

米肌は発酵成分や外部からも水分を取り込む天然成分、そして肌の再生力を高めるアミノ酸やペプチド、糖類などでバランスのとれた保湿力があります。
肌潤化粧水は角質層柔軟オイルの配合で保湿成分の浸透率が良く、タルミを改善してハリを生み出すので毛穴が目立たなくなります。

 

肌潤改善エッセンスにはライスパワーNo.11が高濃度で配合され、さらに保湿力で注目を集めているエモリエントゲルがバリア―機能をはたして効果的にします。
セラミドの生産量は20歳をピークに徐々に減ってきますので、毛穴が気になり始めたら米肌でケアを始めましょう。

 

もしあなたの毛穴ケアが間違っていたら、一日も早く米肌で正しい対処法に変えましょう。
刺激を与えない皮脂を落としすぎない洗顔と、たっぷりの保湿が毛穴を引き締めます。